トップページ

 当社では、不動産鑑定業務はもちろん、土地・建物の有効活用や開発手続き、権利調整など、不動産にまつわる様々なコンサルティングに実績を積んでまいりました。個人、企業、公官庁の皆様にきめ細かいコンサルティング及び最良の活用プランをご提案し、ご好評をいただいております。(株)中央カンテイは、不動産に関する様々な悩み、ご相談にきめ細かくお応えいたします。

業務内容

 
  • ①不動産の取引に関する評価
      土地や建物を購入あるいは売却するとき不動産業者のつける値段が納得できない。こんな場合は、不動産鑑定士に鑑定評価してもらえば、安心して取引ができます。
  • ②地代・家賃に関する評価
      マンションやビルを賃貸するとき、家賃の決定が最大のポイントになります。
      家賃や地代、契約更新料なども鑑定評価を行います。
      また、借地権や借家権の価格、区分所有権の価格など各種権利の財産価値も鑑定評価により明らかになります。
  • ③不動産の担保価値の評価
      不動産を担保に融資を受ける時や融資をする場合には、信頼できる鑑定評価書があることが絶対条件となります。
  • ④相続財産の評価
      相続財産で、トラブルが発生しやすいのが不動産の分配方法です。
      相続財産の鑑定評価を受ければ、客観的な価格を基に公平な財産の相続が可能となります。
  • ⑤裁判・課税の評価
      裁判で争いになった場合や、競売物件の不動産の評価も、不動産鑑定士の仕事です。
      固定資産税・相続税の課税評価額に関して不服がある際にも、鑑定評価を受ければ適正価格を判断することができます。
  • ⑥市街地再開発に関する権利調整
      市街地再開発で土地を提供する場合や、共同でビルを建てる場合などは、権利関係の調整が複雑となりがちです。
      こうした場合は不動産鑑定士による鑑定評価が効力を発揮します。
  • ⑦不動産に関する調査・研究・コンサルティング
      土地の適正な価格を判断する、あるいは利用計画を検討するためには、その土地に関する用意周到な調査・分析が必要です。
      当社では経験豊富なスタッフが現地を詳しく調査、土地の性格・適正を総合的な見地から、最も有効な土地利用計画書の策定を行います。